<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


 以前にも ブログに書いた記憶があるのですが

 ついに! 来月 日本公開になった 

 「ソウルサーファー」


ハワイで暮らすベサミー・ハミルトンは、幼い時から両親と共に大好きなサーフィンをしながら育つ。13歳の時、巨大なサメに襲われ左腕を食いちぎられてしまう。片腕では大好きなサーフィンはできないとあきらめかけるが、退院から一ヶ月後、不屈の精神で再起を果たす。後に14歳で発表された彼女の伝記「soul surfer」は話題を呼び、「Heart of Soul Surfer」のタイトルでドキュメンタリー映画にもなった。

 
 今日本に 本人が来日していて 偉く感動した母です。。。。



 なぜかというと、

 偶然ですが この13歳の女の子がサメに襲われた!というニュース。。。。。

 私はそのときに見たのでした。。。。。。


 テレビでは 彼女が病院のベットにいる映像が出て。。。。

 父親はたしかー「命があるだけで感謝します」と 述べて

 本人は

 「私はサメを恨んではいないの。だって海はサメのものでもあるのだから」

 という 一言を聞いて、もう 涙涙というか。。。。。



 でも やっぱり彼女はただものではなかった!

 片腕のプロサーファーになってくれたのだった。。。。








 私はよく、このブログに 感動的な「少女」がいると必ず書きます。

 というのも 母として


 どういう風に生きて欲しいかーどんなこになって欲しいか。。というのを常に

 娘を育てる上で考え続けているからです。


 わたしはあきらめない。。。


 この映画のテーマですが。。


 なによりも「つよく強く、そして 前向きな女の子」になって欲しいと願う母です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-31 10:30 | おまけ

 なにやら今日もまた 沢山のベアを引き連れて。。。。

 「行きたくてたまらない!」

 ところへ行くこの人。。。。。




 
f0177670_1423432.jpg

 

以前にも一度書いた 横浜ランドマークプラザにある。。。

 
    ビルト.ア.ベア.ワークショップ(公式WEB)




f0177670_14264046.jpg



   凄い種類のぬいぐるみがあってーしかも 自分でワークできる。。。

   綿入れして できあがったぬいぐるみさんたちには なんと ドレスからバック、アクセサリーまで。



f0177670_14293520.jpg



  え~。。。ぬいぐるみに?と思うかもしれませんがって、私もおもいましたが

  女の子は殆どが「りかちゃん人形」やら くまのぷーさんで 遊んで来ました。。

  着せ替え人形というのはもう、 男の子のプラモデルと一緒の定番なんですよね。

  それが 時代によって変化していくだけなんでしょうね!





f0177670_14325124.jpg



  お店の中には 可愛いギャルズがいっぱいいて、

  この日は3歳の女の子が ウサギちゃんを完成させ、ドレスを二着購入。。

  モミジのような小さなお手手で 一生懸命着替えさせている姿がとっても愛らしかった。。



  オンナは生まれたときからオンナですね!




  で! こだわり アーティストのこの人は市販されている洋服は 「卒業」

  帰ってきてから 頭いっぱいに膨らむアイデアで 自分で見よう見まねで作るのが

  生きがい!




   今日もまた、かなり不思議な。。。。。。ファッションをつくりあげたようです。



f0177670_14374613.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]




    
f0177670_20355829.jpg












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-25 20:37 |
少女がレディー・ガガと夢の共演

先日TVで放映されたものー

奇跡のアンビリバボー


 世界中でその存在を知らない人はいないと言われるレディー・ガガ。 しかし彼女には、ベールに包まれた数々の伝説があった。 さらに昨年、全米を驚かす新たな奇跡の伝説が誕生した。 それは、スーパースター・ガガと名も無き少女が起こした信じられない出来事だった!!

 全く接点のなかった2人の人生はいかにして交錯したのか? 人生は時に、思いもよらぬ奇跡の出来事が起こってしまうのである。


 カナダ在住のマリア・アラゴンちゃん。 現在小学6年生の彼女は、フィリピン系カナダ人の両親と4人兄弟の6人暮らし。 学校から帰ると宿題、そして母親のお手伝いと、ごく普通の小学生だ。


 そんなマリアちゃんの趣味は、大好きなアーティストの歌を歌うこと。 小さな頃からビヨンセやマイケル・ジャクソンの歌が大好きで、曲を覚えては家族の前で披露していたという。 そして、最近の彼女のお気に入りが、レディー・ガガ。 歌やダンスの才能はもちろん、自分自身を隠さないガガの生き様に感銘を受けたという。

 以来、惚れ込んだガガの曲を何度も繰り返し聞き、独学でピアノまで覚えたマリアちゃん。 家族の前で行う小さなコンサートは、もっぱらガガの曲がメインとなっていた。 マリアちゃんの夢は、いつか大観衆の前で歌うこと。


 


 1986年3月、レディー・ガガはニューヨークで生まれた。 中流階級の家庭でありながらも、両親は教育に熱心だった。 ガガは幼い頃から、イタリアン・オペラや、フランク・シナトラを聞いていた。 そのため、物心ついた頃から音楽に関心を持ち、毎日2時間はピアノを弾いていたという。 そして、4歳になる頃には、楽譜なしでピアノが弾けるようになっていた。
 英才教育を受けて育てられたガガは、13歳で初めてオリジナルの楽曲を制作。 そして14歳で、セレブが通うことで知られるニューヨークのカトリック系の名門校に入学。 しかし、中流階級の家庭に生まれたガガは、生粋のセレブっ子達からイジメに遭うこともしばしば。
 しかもこの頃から、エキセントリックな性格が顔を出し、周囲から浮いた存在になっていたという。 それでも、人一倍勉強をしていたガガは、17歳で全米屈指の名門、ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アートに飛び級で入学。 しかし、既成の音楽を習うより自分で新たな音楽を創造したいと考えたガガは、なんと、1年で大学を自主退学してしまった!


 そんな頃だった。 カナダの片田舎、ウィニペグでマリア・アラゴンちゃんは、4人兄弟の末っ子として生まれた。 決して裕福とは言えなかったが、毎日笑いが絶えない家庭で彼女はスクスクと育っていった。

 一方、わずか1年で大学を辞めてしまったレディー・ガガ。 その後の彼女の人生は波瀾万丈を極めるものだった。
 2006年、音楽の道で生きることを決め、大学退学と同時に親元から独立したガガ。 親の援助も受けず生計を立てるために、ガガは就職活動を開始。 そして彼女が最初に就いた職業は・・・ストリッパー!!
 音楽の創作を続ける傍ら、セクシーダンサーとして舞台に上がっていたのだ。 しかし、当然将来のことは何も見えない。 ガガはショーの中で自分が作曲した曲を流し、ダンスの腕をひたすら磨いた。
 そんなある日のこと、遇然ガガのショーを見て、声をかけてきたのが、音楽プロデューサー、ロブ・フサーリ。 のちに2人は恋人同士になり、同時に華々しいガガ伝説が幕を開けることになる!


 

 そんなレディー・ガガが誕生したころ、マリアちゃんは小学校に入学。 彼女が取り分け大好きだったのが歌だった。 カラオケ好きの父親の影響で3歳の頃から、一緒にカラオケBOXに行っていたという。 父親の影響で歌に目覚めたマリアちゃん、彼女にとって歌は生活の一部になっていった。
『大好きな歌をいつか大勢の人に聞いてもらいたい』
マリアちゃんは夢のため、歌の練習を欠かすことなく続けていた。


 2007年、レディー・ガガは、ブリトニー・スピアーズなど、他のアーティストに曲を提供、裏方として活動していた。 しかし、彼女の歌手としての才能を音楽業界が放っておくはずがなかった。 2008年にデビューアルバム『ザ・フェイム』をリリースすると、その圧倒的な歌唱力とパフォーマンスに世界中が魅了され、CDの売り上げ枚数は1200万枚を突破した! ガガは22歳にして、スターダムの階段を駆け上がっていったのだ!! だが、そんなガガの人生に遠く離れたカナダの地に生まれたマリアちゃんが大きく関わることとなる。
 2011年2月、デビューから3年が経った頃、ガガは深刻なスランプに陥っていた。 数多くのヒット曲に恵まれていたが、その産みの苦しみは想像を絶するもの。 プレッシャーに押しつぶされそうになることも度々だった。
 さらにガガを苦しめたのは、周囲からの嫌がらせ。 若くして成功したガガを妬む者から様々な妨害があったと語っている。




 一方その頃、カナダではマリアちゃんが家族の前で大好きなガガの歌を披露していた。 実は彼女は以前、地元テレビ局が主催するコンクールに応募するも、落選。 家族はマリアちゃんが次ぎのコンクールで良い結果が出せるよう、彼女の歌う様子を頻繁に撮影していた。 そして、その練習風景をインターネットにアップした。
 それは、マリアちゃんがレディー・ガガの新曲、『Born This Way』を弾き語りしている映像だった。 彼女にとってそれは、普段通りの何気ない動画だったのだが、これが伝説へと繋がるプロローグとなる。


 数日後、ガガの友人が遇然この動画をインターネットで発見。 彼はすぐさまガガに報告した。 マリアちゃんの動画を見たガガは、翌日の2月16日、自身のツイッターでこうツイートした。
「これを見て涙が止まらない これが私が音楽を作る理由なの 彼女こそ 未来」





 マリアちゃんこそ、自分の音楽の原点だとツイートしたガガ。


彼女は純粋に音楽を楽しむマリアちゃんの姿に、若かりし頃の自分を重ねていたという。 苛められても、将来に何も見いだせなくても、音楽を作っている時だけは、ふさぎ込んでいる気持ちを解放することができた。 ありのままの姿で音楽を楽しみことが、何よりも好きだった。



 そんな気持ちは、マリアちゃんが歌っていたガガの曲、『Born This Way』の歌詞にも秘められていた。 この曲を作った時の気持ち、そして純粋に音楽を楽しむ気持ち、マリアちゃんの動画を見て、ガガは改めてその気持ちの大切さを実感したのだ。


 そして、ガガがツイートした翌日のこと、遠く離れたカナダでは、早朝から電話が鳴り響いた。 その電話は従兄弟からレディー・ガガがマリアちゃんのことをツイートしたことを知らせる電話だった。 その後も家の電話は鳴り止まず、学校に行くと、マリアちゃんは全校生徒から注目の的になっていた。
 ガガのツイッターは世界一フォロワーがいることでも知られている。 その数は2200万人以上。 つまり、彼女のつぶやきに常に世界中の人達が注目しているのだ!


 そんなガガのツイートによって、マリアちゃんの動画は1日、120万回以上、4日間で600万回も閲覧されたのだ!! 普通の小学生だった彼女は、一躍、時の人となったのだ。
 レディー・ガガのツイートはさらなる奇跡をマリアちゃんにもたらした。 実は、従兄弟から電話があった5分後に、トロントのラジオ局からの出演依頼がきたのだ!






 そして翌日、マリアちゃんは地元ウィニペグのローカルラジオに出演。 ガガの動画をアップした経緯や、ガガからツイートされたときの気持ちを語った。
 一方その頃、レディー・ガガは、カナダから遠く離れたアメリカのスタジオで、誰かに電話をかけていた。 その相手とは・・・ラジオに出演しているマリアちゃんだった!!
 カナダの片田舎に生まれた、歌が大好きなごく普通の小学生。 片や、スターダムに登り詰めたスーパースター。 全く接点のなかった2人の人生が交錯した瞬間だった。
 感極まるマリアちゃんに、更なるサプライズが!! なんと、3月にトロントで行われるガガのライブで、ステージ共演の約束を交わしたのだ!!


 一躍時の人となったマリアちゃんには、連日取材が殺到! 一方その頃、レディー・ガガは、マリアちゃんと一緒に立つステージについて構想を練っていた。 ガガのステージと言えば、ド派手な演出とパフォーマンスが有名。 ガガはいつも徹底したこだわりを持ち、数々の仰天パフォーマンスを披露している。 マリアちゃんは緊張と興奮の中、今までと同じように、ただひたすら歌の練習を続けていた。


 2011年3月3日、カナダのトロントで全世界の注目が集まる中、レディー・ガガのコンサートは始まった。 そしていよいよ、マリアちゃんがステージへ!! ガガがマリアちゃんを膝に乗せ、2人で見事なデュエットを披露した。
 たった一つの動画が奇跡を起こし、憧れの本人のツイッターを経て、夢の共演までわずか3週間。 ガガ絶賛したマリアちゃんのYouTubeの動画は、今や5000万回再生され、大ヒットとなっている。
 そして、マリアちゃんがステージを去る間際だった。 彼女が思い切った行動に出たのだ! マリアちゃんが観客に向かって「私のことを忘れないで いつかまたステージに戻ってきます!」と宣言したのだ!
 それは、マリアちゃんが抱き続けてきた大きな夢。 マリアちゃんはその夢を叶えるため、今も大好きな歌の練習を欠かさない。








 ガガとの夢の共演から5か月後の2011年8月、普通の小学生だったマリアちゃんは、CDデビューを果していた!! ガガが『Born This Way』をマリアちゃんに提供、オリジナル曲と合わせて、全7曲入りのアルバムを発売。 マリアちゃんは、プロの歌手としてデビューしていたのだ!! さらにその後、GAPのCMに出演! 快進撃を続けている!
 実はガガから、余り急ぎすぎないように、歌手としてのキャリアをあまり早く始めないようにとアドバイスがあったという。 マリアちゃんの挑戦は始まったばかり。 ガガのアドバイス通り、今 ゆっくりとだが、確実に歌姫の階段を上っている




   私はこのTVを せんちと一緒に見ていました。。。。

   とてもさわやかな感動のお話ー。。。。


   そして私が一番感じたのは 今 小学生の間で ダンスやモデル、芸能界への憧れ

   などなど色々あり、それはそれでいいと思うけど、


   マリアちゃんの可愛すぎるところは「普通の小学生であることを貫いている」っていうところ。。。


   ガガとのステージも 妙にセクシーな衣装を着るわけでもなく、お化粧するわけでもなく。。。




   



 「自由であること」それは 小学生のもっている このときだけの特権でもありますよね!

 どんな「夢」をもっても、

 叶うかもしれないというー 無限の可能性があるわけです



   夢を持つこと!


 この番組をみたあと センチが描いた一枚の絵

f0177670_90339.jpg



   レディガガ 、、、だそうです


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-14 09:02 |

f0177670_4491990.jpg


これ。。。。みおぼえありませんか?


聞けば「ア~!」というと思うんだけど


    豆電球!


みんな小学生のとき「理科」でー使うのです。。。。。。






 それをもってきて、 もうすぐ母の日なのでープレゼントをくれる、といきなりいいました・

「よ~くみてね!」



f0177670_4344858.jpg



 ココから、マジックなのよ!


f0177670_4293137.jpg






  凄い!?




 なんか。。。。。。別に母の日のプレゼントとか、言わなくてもいいのではないかと思ったんだけど~!!


 (小さい子のいるお母様は、ウケるかもしれません、これは 紙の裏に絵を書いて、光を当てる、

  というやつです)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-10 04:56 | Kids Art


 憧れでもあり 大好きな 英語クラスでもお友達。。。。

 
f0177670_18133853.jpg



 GW中がお誕生日。。。

「学校がお休みだから、、、お祝いしてもらったことないの~。そんよね~」

たしかにそうかも!



そこで、「絶対にプレゼント届けるんだ~!」と張り切るこの人


f0177670_18192426.jpg







そういえばー手作りでオリジナルだし、お誕生日にはぴったりかもしれない スイーツデコ!

今回は カップをつかってちょっとプレゼント風に!


f0177670_18204713.jpg




 食べちゃえばなくなっちゃうけど。。。ずっと残るから、毎日お祝い気分でいられるかもね!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-04 18:24 | デコ