「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:絵( 182 )

 みんな通ると思うのだけど、小学校=漫画。。。デビューです。

 そして大昔から 目が顔の半分くらい大きくて目の中に星がきらきらと光るオンナのこを

 かきたくてしょ~がない お年頃なのです。



f0177670_20484128.jpg




 とはいえ、日本の漫画、のパワーは偉大だ。。。。

 世界に通用する。。。


 だから 漫画ばかり読んで! とか 漫画ばかり描いて! なんていう注意はしてはいけないのです。




 ポケモン、プリキュア、なんて、パキスタンに言ったってつうじちゃうらしいのですから。。。。





 というわけで毎日のように同じような お目目パッチリチャンを書いている娘がめずらしく

 個性的な絵を描いたのでー。。。


 私は気に入っています。



★自画像★

 
f0177670_20454080.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-06-11 20:46 |




    
f0177670_20355829.jpg












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-25 20:37 |
少女がレディー・ガガと夢の共演

先日TVで放映されたものー

奇跡のアンビリバボー


 世界中でその存在を知らない人はいないと言われるレディー・ガガ。 しかし彼女には、ベールに包まれた数々の伝説があった。 さらに昨年、全米を驚かす新たな奇跡の伝説が誕生した。 それは、スーパースター・ガガと名も無き少女が起こした信じられない出来事だった!!

 全く接点のなかった2人の人生はいかにして交錯したのか? 人生は時に、思いもよらぬ奇跡の出来事が起こってしまうのである。


 カナダ在住のマリア・アラゴンちゃん。 現在小学6年生の彼女は、フィリピン系カナダ人の両親と4人兄弟の6人暮らし。 学校から帰ると宿題、そして母親のお手伝いと、ごく普通の小学生だ。


 そんなマリアちゃんの趣味は、大好きなアーティストの歌を歌うこと。 小さな頃からビヨンセやマイケル・ジャクソンの歌が大好きで、曲を覚えては家族の前で披露していたという。 そして、最近の彼女のお気に入りが、レディー・ガガ。 歌やダンスの才能はもちろん、自分自身を隠さないガガの生き様に感銘を受けたという。

 以来、惚れ込んだガガの曲を何度も繰り返し聞き、独学でピアノまで覚えたマリアちゃん。 家族の前で行う小さなコンサートは、もっぱらガガの曲がメインとなっていた。 マリアちゃんの夢は、いつか大観衆の前で歌うこと。


 


 1986年3月、レディー・ガガはニューヨークで生まれた。 中流階級の家庭でありながらも、両親は教育に熱心だった。 ガガは幼い頃から、イタリアン・オペラや、フランク・シナトラを聞いていた。 そのため、物心ついた頃から音楽に関心を持ち、毎日2時間はピアノを弾いていたという。 そして、4歳になる頃には、楽譜なしでピアノが弾けるようになっていた。
 英才教育を受けて育てられたガガは、13歳で初めてオリジナルの楽曲を制作。 そして14歳で、セレブが通うことで知られるニューヨークのカトリック系の名門校に入学。 しかし、中流階級の家庭に生まれたガガは、生粋のセレブっ子達からイジメに遭うこともしばしば。
 しかもこの頃から、エキセントリックな性格が顔を出し、周囲から浮いた存在になっていたという。 それでも、人一倍勉強をしていたガガは、17歳で全米屈指の名門、ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アートに飛び級で入学。 しかし、既成の音楽を習うより自分で新たな音楽を創造したいと考えたガガは、なんと、1年で大学を自主退学してしまった!


 そんな頃だった。 カナダの片田舎、ウィニペグでマリア・アラゴンちゃんは、4人兄弟の末っ子として生まれた。 決して裕福とは言えなかったが、毎日笑いが絶えない家庭で彼女はスクスクと育っていった。

 一方、わずか1年で大学を辞めてしまったレディー・ガガ。 その後の彼女の人生は波瀾万丈を極めるものだった。
 2006年、音楽の道で生きることを決め、大学退学と同時に親元から独立したガガ。 親の援助も受けず生計を立てるために、ガガは就職活動を開始。 そして彼女が最初に就いた職業は・・・ストリッパー!!
 音楽の創作を続ける傍ら、セクシーダンサーとして舞台に上がっていたのだ。 しかし、当然将来のことは何も見えない。 ガガはショーの中で自分が作曲した曲を流し、ダンスの腕をひたすら磨いた。
 そんなある日のこと、遇然ガガのショーを見て、声をかけてきたのが、音楽プロデューサー、ロブ・フサーリ。 のちに2人は恋人同士になり、同時に華々しいガガ伝説が幕を開けることになる!


 

 そんなレディー・ガガが誕生したころ、マリアちゃんは小学校に入学。 彼女が取り分け大好きだったのが歌だった。 カラオケ好きの父親の影響で3歳の頃から、一緒にカラオケBOXに行っていたという。 父親の影響で歌に目覚めたマリアちゃん、彼女にとって歌は生活の一部になっていった。
『大好きな歌をいつか大勢の人に聞いてもらいたい』
マリアちゃんは夢のため、歌の練習を欠かすことなく続けていた。


 2007年、レディー・ガガは、ブリトニー・スピアーズなど、他のアーティストに曲を提供、裏方として活動していた。 しかし、彼女の歌手としての才能を音楽業界が放っておくはずがなかった。 2008年にデビューアルバム『ザ・フェイム』をリリースすると、その圧倒的な歌唱力とパフォーマンスに世界中が魅了され、CDの売り上げ枚数は1200万枚を突破した! ガガは22歳にして、スターダムの階段を駆け上がっていったのだ!! だが、そんなガガの人生に遠く離れたカナダの地に生まれたマリアちゃんが大きく関わることとなる。
 2011年2月、デビューから3年が経った頃、ガガは深刻なスランプに陥っていた。 数多くのヒット曲に恵まれていたが、その産みの苦しみは想像を絶するもの。 プレッシャーに押しつぶされそうになることも度々だった。
 さらにガガを苦しめたのは、周囲からの嫌がらせ。 若くして成功したガガを妬む者から様々な妨害があったと語っている。




 一方その頃、カナダではマリアちゃんが家族の前で大好きなガガの歌を披露していた。 実は彼女は以前、地元テレビ局が主催するコンクールに応募するも、落選。 家族はマリアちゃんが次ぎのコンクールで良い結果が出せるよう、彼女の歌う様子を頻繁に撮影していた。 そして、その練習風景をインターネットにアップした。
 それは、マリアちゃんがレディー・ガガの新曲、『Born This Way』を弾き語りしている映像だった。 彼女にとってそれは、普段通りの何気ない動画だったのだが、これが伝説へと繋がるプロローグとなる。


 数日後、ガガの友人が遇然この動画をインターネットで発見。 彼はすぐさまガガに報告した。 マリアちゃんの動画を見たガガは、翌日の2月16日、自身のツイッターでこうツイートした。
「これを見て涙が止まらない これが私が音楽を作る理由なの 彼女こそ 未来」





 マリアちゃんこそ、自分の音楽の原点だとツイートしたガガ。


彼女は純粋に音楽を楽しむマリアちゃんの姿に、若かりし頃の自分を重ねていたという。 苛められても、将来に何も見いだせなくても、音楽を作っている時だけは、ふさぎ込んでいる気持ちを解放することができた。 ありのままの姿で音楽を楽しみことが、何よりも好きだった。



 そんな気持ちは、マリアちゃんが歌っていたガガの曲、『Born This Way』の歌詞にも秘められていた。 この曲を作った時の気持ち、そして純粋に音楽を楽しむ気持ち、マリアちゃんの動画を見て、ガガは改めてその気持ちの大切さを実感したのだ。


 そして、ガガがツイートした翌日のこと、遠く離れたカナダでは、早朝から電話が鳴り響いた。 その電話は従兄弟からレディー・ガガがマリアちゃんのことをツイートしたことを知らせる電話だった。 その後も家の電話は鳴り止まず、学校に行くと、マリアちゃんは全校生徒から注目の的になっていた。
 ガガのツイッターは世界一フォロワーがいることでも知られている。 その数は2200万人以上。 つまり、彼女のつぶやきに常に世界中の人達が注目しているのだ!


 そんなガガのツイートによって、マリアちゃんの動画は1日、120万回以上、4日間で600万回も閲覧されたのだ!! 普通の小学生だった彼女は、一躍、時の人となったのだ。
 レディー・ガガのツイートはさらなる奇跡をマリアちゃんにもたらした。 実は、従兄弟から電話があった5分後に、トロントのラジオ局からの出演依頼がきたのだ!






 そして翌日、マリアちゃんは地元ウィニペグのローカルラジオに出演。 ガガの動画をアップした経緯や、ガガからツイートされたときの気持ちを語った。
 一方その頃、レディー・ガガは、カナダから遠く離れたアメリカのスタジオで、誰かに電話をかけていた。 その相手とは・・・ラジオに出演しているマリアちゃんだった!!
 カナダの片田舎に生まれた、歌が大好きなごく普通の小学生。 片や、スターダムに登り詰めたスーパースター。 全く接点のなかった2人の人生が交錯した瞬間だった。
 感極まるマリアちゃんに、更なるサプライズが!! なんと、3月にトロントで行われるガガのライブで、ステージ共演の約束を交わしたのだ!!


 一躍時の人となったマリアちゃんには、連日取材が殺到! 一方その頃、レディー・ガガは、マリアちゃんと一緒に立つステージについて構想を練っていた。 ガガのステージと言えば、ド派手な演出とパフォーマンスが有名。 ガガはいつも徹底したこだわりを持ち、数々の仰天パフォーマンスを披露している。 マリアちゃんは緊張と興奮の中、今までと同じように、ただひたすら歌の練習を続けていた。


 2011年3月3日、カナダのトロントで全世界の注目が集まる中、レディー・ガガのコンサートは始まった。 そしていよいよ、マリアちゃんがステージへ!! ガガがマリアちゃんを膝に乗せ、2人で見事なデュエットを披露した。
 たった一つの動画が奇跡を起こし、憧れの本人のツイッターを経て、夢の共演までわずか3週間。 ガガ絶賛したマリアちゃんのYouTubeの動画は、今や5000万回再生され、大ヒットとなっている。
 そして、マリアちゃんがステージを去る間際だった。 彼女が思い切った行動に出たのだ! マリアちゃんが観客に向かって「私のことを忘れないで いつかまたステージに戻ってきます!」と宣言したのだ!
 それは、マリアちゃんが抱き続けてきた大きな夢。 マリアちゃんはその夢を叶えるため、今も大好きな歌の練習を欠かさない。








 ガガとの夢の共演から5か月後の2011年8月、普通の小学生だったマリアちゃんは、CDデビューを果していた!! ガガが『Born This Way』をマリアちゃんに提供、オリジナル曲と合わせて、全7曲入りのアルバムを発売。 マリアちゃんは、プロの歌手としてデビューしていたのだ!! さらにその後、GAPのCMに出演! 快進撃を続けている!
 実はガガから、余り急ぎすぎないように、歌手としてのキャリアをあまり早く始めないようにとアドバイスがあったという。 マリアちゃんの挑戦は始まったばかり。 ガガのアドバイス通り、今 ゆっくりとだが、確実に歌姫の階段を上っている




   私はこのTVを せんちと一緒に見ていました。。。。

   とてもさわやかな感動のお話ー。。。。


   そして私が一番感じたのは 今 小学生の間で ダンスやモデル、芸能界への憧れ

   などなど色々あり、それはそれでいいと思うけど、


   マリアちゃんの可愛すぎるところは「普通の小学生であることを貫いている」っていうところ。。。


   ガガとのステージも 妙にセクシーな衣装を着るわけでもなく、お化粧するわけでもなく。。。




   



 「自由であること」それは 小学生のもっている このときだけの特権でもありますよね!

 どんな「夢」をもっても、

 叶うかもしれないというー 無限の可能性があるわけです



   夢を持つこと!


 この番組をみたあと センチが描いた一枚の絵

f0177670_90339.jpg



   レディガガ 、、、だそうです


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-05-14 09:02 |
春休みに入りました。。。


今日あたり日本庭園にお花見にいきたかったのですが、

桜はまだまだです。。。



しょうがないから

f0177670_20394954.jpg



何がしょうがないのかわかりませんが、、、

f0177670_2042534.jpg


f0177670_20432458.jpg




おはなみにいったことにしよう、、、





f0177670_3241068.jpg




。。。。笑! 一人では波をしている絵を描いて、花見をしたことにした せんさんでした。。。



にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-03-25 20:45 |

 学校ではそろそろお休みの準備で

 ひさしぶりに「マイ絵の具」をもってかえってきたせんさん。。。。

 久しぶりに絵の具遊びをしました。。。。

f0177670_5422119.jpg



f0177670_543745.jpg




絵の具遊びと書いたのも、、、いきなり鉛筆に絵の具をつけて ぽたぽたやってるから

「ちょっと~遊ぶなら汚すからやめてよね」(平凡な母の注意)

それに対して むっ!

とした顔をした画伯なのでした。。。。



なぜなら。。。。。。



アートだったのだから(汗)。。。。。


☆春☆


f0177670_5455981.jpg





 今日はまた 岡本太郎先生名言集をいくつかいきたいとおもいます。。



自分が何をやりたいか、

何を伝えたいかが分かっていたら、

技術は後からついてくる。





誤解、おおいに結構じゃないか。

日本人は外国人に「ワンダフル」

と言われそうなものばかりつくりたがる。

僕はそれを、ぶち壊そうとしているんだ。







オリジナルバナーをつくりました^^(クリック)
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-03-10 05:53 |
f0177670_1346115.jpg
★ 自画像★

f0177670_13431040.jpg



 妙に似ている。。。。。。。


 
  最近。。妙に「脚」に意識して、「出したがる」 SENさんである。

 
 たぶん 「韓流スター」のかっこよさの影響かも。。。。。

 と。。。いいつつ、思いっきりアイラインが太くなった母もかなり年を忘れて影響されてるかもwww!






オリジナルバナーをつくりました^^(クリック)
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2012-02-24 14:08 |

明るい話題がないのです。。。。。。

SENさんのおじいちゃんが入院中で が~んときているところに

私の「青春」

ホイットニーヒューストンが、亡くなってしまった!

なんか、80年代彼女の華麗なる青春時代から 一曲一曲に私の人生の思い出が

こめられていたので、本当にショックでした。。。



f0177670_1264945.jpg





そして 元夫の ボビーブラウンも 日本コンサートのとき

当時の イケメンボーイフレンドと、アリーナ席でみた~~!!!!





世間では ボビーブラウンが 悪党で、ホイットニーは 影響されて 薬におぼれた

といわれていますが、、

さすが地元NYER のパパの意見は違う。。


「だってボビーブラウンがどんな男か十分知っていて、その悪さが好きで結婚してたわけだから。。。」




f0177670_12171738.jpg






そう、、ボビーが悪いわけじゃあなく、、、だれがわるいわけでもなく、、

でも アーティスト業と 母、妻 というのは 本当に大変だったんだと思います。。。






☆家族☆

f0177670_12203667.jpg







 私は ホイットニーが 愛したボビーブラウンのPV 私の思い出の曲です。。。








  オリジナルバナーをつくりました^^(クリック)
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
 
[PR]
by gibbsrandy | 2012-02-16 12:34 |
*運動会、水彩画*

f0177670_16535570.jpg



ちょっと遅れて 学校の図工で書いた 水彩画が もどって来ました。

いろいろな 子供の絵を見ましたが 本当にそれぞれで面白かったです。。。。

彼女のこの絵は「勢い」「動」 を書こうとしてますね。。。。

自分が小学校の頃書いた「運動会」の絵を思い出しました。。。。。



運動会の絵、って みんな一度は書いてますよね、、、





ところで。。。。。。


 前回も SENは 本当に「♪髪の芯まで~女だねええ」のタイプなのですがー

 母の私は。。真逆。。。
f0177670_1750525.jpg

Photo By Daddy







 まみお の ニックネームの私の 「小学校」の頃の将来の夢は 「探検隊員」!

 そのとき書いた「卒業文章」のイラストには ちゃんと サファリスーツと帽子をかぶった自分まで

 書いたのでありました。。。。



SENの夢= 姫、またはお嫁さん
母=   探検隊



 
そんな、今日この頃、

二年前?位に パパの勧めで 始めた 趣味の「写真」。。。。。。。

初めはパパの付き合いで。。と思っていたのですが、

自然や虫や鳥、、、を ファインダーを通してみているうちに。。。。。

だんだんハマってきて。。。。。。。。





今では、SEN姫が学校に行っている空白の時間に、たった一人で カメラをもって 森に入っていく

「まみお」が いるのでした!(汗)



(絶対近所のママ友に見られたくない変装をしています)






心のそこにあった「冒険家まみお」の SOUL に 火がついてしまったのです!
f0177670_1816182.jpg
f0177670_18223611.jpg





そして 気がつくと。。。。。。。

「ヒマラヤ山脈の夜明け」 とか 「ケニア動物王国」とか あとはこれ、今TVCMでやってる
これ、、、↓

ナショナルジオグラフィックのカメラマンが。。。。by Canon



こういうものを見ると、「ウウウウ、、、行きたいかも!撮りたいかも!!!」と思う自分が怖いっ!



三つ子の魂 、、なんとか、というけれど。。。 

私は一生「男の中の男」なのかもしれないぃいいい



オリジナルバナーをつくりました^^(クリック)
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2011-11-20 18:42 |

今日は いい話です。。。。




写真関係で たまたま 今回の3.11の 被災地の 方と知りあいました。。。。。

ご家族は、ご無事でしたがー・・・・・

f0177670_431260.jpg






その方と、「子育て」の話になり

今は、立派に成人してしまった 娘さん息子さんが 小さかった頃、

絵本を手作りで、作っていた。

という、すっごい素敵なお話をうかがいました。






f0177670_455378.jpg
f0177670_455223.jpg
f0177670_4554666.jpg
f0177670_4561151.jpg






これは 当時息子さん娘さんが小さかった頃、の 手作りの「本」・・・

を 一部 スキャンしていただきました。。。。


素晴しすぎる!!!!!!




 私が 父と母にしてもらったこと。。。。。。。

 あなたが ご両親にしてもらったこと。。。。。


そういわれると 「何を」 思い出しますか?





 あなたが忘れていても子供の命には刻まれている。。









 今日の我が家。


 
f0177670_533558.jpg



 SENちの携帯電話に 何度もかけてきてる人がいます。。。。





  二メートル離れていないところから(汗)。。。


 
f0177670_5524.jpg




 「親ばか」ではなく「馬鹿親」でした (笑)


 あのさ、糸電話じゃないんだから!!!!


これ、、あと三年してやったら、絶対に「着信拒否」されるよね(汗)。。。。







 親子の愛情。。。。。

 そして 親が子供にしてあげたこと。。。。。。

 

 それはずっとずっとー引き継がれていく。。。。

 命が引き継がれていくように。。。。


 そして その「愛」は


 たとえ 津波だって、地震だって 壊せない!ー





 私は あらためて この絵本を何度も見ながら、色々なことを考えさせられました。。。。




 いつか、大人になっちゃうよ、、、子育てしたくてもできなくなっちゃうよ。。。

 だから 「今を」「一日を」 大切にしてみようー




と思った私です。





オリジナルバナーをつくりました^^(クリック)
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2011-11-11 05:21 |
 ★SEN画伯の不思議な国のアリス★

f0177670_18262078.jpg
f0177670_18311571.jpg

f0177670_18471342.jpg






三連続にわたって、書かせていただいた 我が家の「いじめ問題」

 本日、どうやら解決です。。。。



 でも この問題に 思いっきり親としてかかわったことで かなり 良い結果を出すことができた感じ。。


f0177670_18364275.jpg






 *まず私と娘がしたことは 「仲間はずれにした相手」に

 確かに追いたかったと思うけど「別に あなたがいなくても私は平気」 と毅然とした

 態度をつらぬいたこと。



 *学校と言う(現場)に行って、校長先生とちゃんと話と言うか、報告をして、

 校長先生の許可をいただいて、何度かクラスの様子を 外から見せていただいたこと、

 ここで 発見したのが、担任のひどさ!!!!



 知ってて知らぬふりをするどころか、 遅れている科目を教える担任の

 ひどさ!

 長い棒をもって(ぶっているとこは見ませんでしたが)-これって脅しジャン!!



 そして間違った答えをいうと、

 いかにも嫌そうに「だから~!」 みたいな。。。。

 これじゃあ、できるものもできなくなる。
 
 この先生 最低!



 そして前に本当によくしていただいた 前担任の先生も入ってくれ、 学活では友達関係の指導。

 そして 職員会議に 持ち上げたところ、

 なんと!他のクラスでも 3,4年生でそのような 「女子生徒」の事件が、多々持ち上がっていることが

 発覚、

 学校全体で取り組みを考えていくことになりました。



f0177670_18441630.jpg




 今回又、とてもいいお話だったので、2通目にNYの親友のママからいただいた

 メールを シェアしたいと思います。


私自身小学校3年の時にいじめにあって、ある日突然仲良しグループから無視。

発端となった女の子とはその後私も友達には戻らなかったですが、

なんとなくクラス替えまで行きついて、何人かはそのボスに隠れて私と話してくれていた記憶があります。

でも、2つだけこのいじめによって、忘れられない事があって、

一つは私の母の怒り。

どんなに悔しかったかを後の私の人生のなかで何度も聞かせられて

、親はそう言うものなのかと客観的に感じました。

子供の私はまた新しい親友が出来て大丈夫になって行くし

、傷ついた事を他の人にしてはいけないと自分なりに学びますよね。


でも、一番ショックだったのは、担任の新任男性の態度。彼は熱血先生で皆に好かれていたし、

私も信用していたですが、いじめの件で放課後私と、

いじめている2人の女子とが先生を挟んで話し合ったのですが。

忘れられない彼の一言。私は「自分は何も悪い事をしていないのにある日突然無視が始まった」


と説明した時、彼は私に「でも、何かやった記憶はないのか。

本当に何もしなかったのか」と聞かれたのです。

これは、今でも残るほどのショックで、ああ、この人は私の方には立ってくれないんだと。

子供にとっては、気持ちを聞いて、理解して、同情して、分析してくれる大人が必要なのですよね。

全く同意しなくてもいっしょに聞いてくれる人が。




 このママは 本当に日本女性としてなんと、マンハッタンで「成功」した 素晴しい方です。

でもそのママにも そんな思い出があって、今でも覚えている。。。。


 オトナにとって「よくある小さいこと」が 実は 子供にとっては一生残る心の分かれ道なんですね!
人生は厳しい。。。

だからこそ家族や大人からの「愛」は惜しみなく与えなければいけないのではないでしょうか?


オリジナルバナーをつくりました^^(クリック)
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by gibbsrandy | 2011-09-22 18:53 |